KPOPに関する様々な情報を翻訳・図解・解説するKPOP専門情報サイト「 Kpopフリーク」!

CTRL(コントロール)、Vernalossomと韓国業務委託契約締結

コントロール(CTRL)がアーティストたちのアジア進出及び活動支援のために日本エンターテインメント社ヴァーナロサム(Vernalossom)と韓国業務委託契約を締結したことを発表しました。

ヴァーナロサム(Vernalossom)はアジアで活動しているガールズグループAKB48の海外姉妹グループ(JKT48、BNK48、MNL48、AKB48 Team SH、AKB48 Team TP、SGO48、CGM48、DEL48)をはじめとするAKBグループの日本側運営会社で、IZONEの日本人メンバーである本田仁美、矢吹奈子の所属会社です。

元々「AKS」という会社でしたが、2020年4月1日に社名変更しています。

今回の契約は、コントロールはヴァーナロサム所属アーティストたちの韓国活動を支援、総括進行する役割を担当するそう。

コントロールは国内およびアジアを舞台にアーティストマネジメント、音楽、映像、メディアなど多様なエンターテイメント分野で新たなブランディングを試みる企業で、最近は宮脇咲良の日本ストリーミングサービス運営(17Live配信)を担当していました。

これを機に、矢吹奈子、本田仁美も17Live参入や韓国の仕事も増えるのではないかと予想されます、

コントロールはヴァーナロサムとの契約を皮切りに韓国アーティストのアジア活動を支援するだけでなく、アジア各国アーティストの韓国活動支援を推進、アジアおよびグローバル市場をターゲットに成長していく見通しです。


いかがでしたか?

KPOP FREAKではKPOPの様々な情報を、翻訳・図解などでどこよりも詳しく随時更新しています♪

よかったらブックマークとSNSのフォローをお願いします✨



最新情報をチェックしよう!